三内丸山遺跡とは?

大型掘立柱建物跡

  地面に穴を掘り、柱を建てて造った建物跡です。柱穴は直径約2メートル、深さ約2メートル、間隔が4.2メートル、中に直径約1メートルのクリの木柱が入っていました。地下水が豊富なことと木柱の周囲と底を焦がしていたため、腐らないで残っていました。6本柱で長方形の大型高床建物と考えられます。

大型掘立柱建物跡の出土した当時のようす
復元した大型掘立柱建物 発掘された大型掘立柱建物跡

 

copyright SANNAI MARUYAMA 2012 all right reserved.