三内丸山遺跡とは?

道路跡

  集落の中心から幅約12メートル、長さ420メートルにわたって、海に向かって延びています。道路は地面を少し掘り下げて、浅い溝のようになっているものや、さらに土を貼って「舗装」されているものもあります。最近の調査で、南北にのびる道路も見つかりました。

道路跡 道路跡(くぼんでいるところが道跡)
道路跡(くぼんでいるところが道跡)

 

copyright SANNAI MARUYAMA 2012 all right reserved.