三内丸山遺跡とは?

貯蔵穴

  集落の外側、台地の縁近くにまとまって造られていました。入り口がせまく底が広い、断面がフラスコ状のものが多く、クリなどの木の実、食料がたくわえられたものと考えられます。中には深さが2メートル近くもある大型のものもあります。

発掘された貯蔵穴
発掘された貯蔵穴

 

copyright SANNAI MARUYAMA 2012 all right reserved.