平成30年度 発掘最前線 10月

 
2018年10月15日 (月) 22週目

埋戻しを行いました

写真は、保護砂をならしている様子です。

●画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

発掘調査終了に伴い、埋め戻しを行いました。調査区に保護のための砂を入れ、その後、調査開始時に掘った土を被せました。
これをもって平成30年度の発掘調査は終了となり、発掘最前線も終わります。今年度も様々な成果が得られましたが、詳細は3月に開催予定の遺跡報告会で発表予定ですので、ぜひお越しください。



2018年10月9日 (月) 21週目

竪穴建物跡の範囲を確認しています

写真は、竪穴建物跡の範囲を確認している様子です。

●画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

第6鉄塔西側の調査区で見つかった大型竪穴建物跡の範囲を確認するため、長さ約1.5〜2m、幅約50pの試掘用の溝(トレンチ)を設定し、調査を行っています。現在、竪穴建物跡の壁際を巡る溝を目安に西側の端を確認中ですが、まだ見つかっていません。どれくらいの規模になるか、今後の調査に期待です。



2018年10月1日 (月) 20週目

遺構の調査を行っています

写真は、遺構内に平らに堆積した黄色土です。

●画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

第6鉄塔西側の調査区で見つかった遺構の一部を掘り下げています。この遺構は、当初は竪穴建物跡と考えていましたが、沢状の地形に黒色土や土器などが捨てられて埋まったものであることがわかりました。堆積した土層の上部には黄色い土が平らに一定の厚さで堆積している様子がみられ、硬く踏みしめられたような状態であることが確認されています。この部分にどのような機能があったかは現時点で不明ですが、今後の調査で詳細を明らかにしていきたいと思います。



 

copyright SANNAI MARUYAMA 2012 all right reserved.