さんまるの仕事場

発掘調査のようす
発掘調査
  各時代の地層を1枚ずつ取り去りながら、どこに、どんなものが、どのようにしてあったか、土の中の情報を詳しく記録します。発掘調査最盛期の平成6年には、調査員10人、調査補助員28人、作業員580人が調査にあたりました。



作業員のおばちゃんたちの生の声を聞くためには、下記のような
メディアプレーヤーが必要です。無料でダウンロードできます。
Visit WindowsMedia.com Windows  Media  Player
Real Player Real  Player


作業員のおばちゃんたちの声
【津軽弁:A
  あみゃぁふりゃあ、てもあすもひゃっけしてたんげへづねすて、やめでまるがな、って思ったりもすね〜。すたばって、めごい土偶っこだの土器っこだのてっぺ出はれば、発掘すていがったじゃ、っでいづも思らね。
おばちゃんの声 再生
【訳:A
  雨が降ると手も足も冷たくてすごく辛く感じて、(この仕事を)やめてしまおうかな、って思ったりもします。でも、可愛らしい土偶や土器がたくさん出てくると発掘してよかったなぁ、といつも思います。


調査区に向う作業員さんたち
【津軽弁:B
  こごだば、のれおぎゃくさん来るはんで、最初だばわもあんつか緊張すてらったばって、今だばたんげ慣れだじゃ。たまにおぎゃくさんさ、すつもんされるごどあって、答えらいねばめぐせはんで、わも最近じょーもんだのの本ば読んで勉強すてらのさー。
おばちゃんの声 再生
【訳:B
  ここでは、たくさんのお客さんがおいでになるので、最初は私もすこし緊張していましたが、今ではだいぶ慣れてきました。たまにお客さんから質問されることもありますが、それに答えられないと恥ずかしいので、私も最近縄文に関係する本を読んで勉強しています。


【津軽弁:C
  わがいっづも出はればいなぁ、っておもっちゃあのがやずりっこだのさー。土偶もめごいんだばって、わいじゃぁのすか出はんねはんで、おもしぇぐねぇんず。やずりっこの、とぐにこぐようせぎのやづだのだば、つぢがらではればびがびがとひがって、まんずきれぇだやー!
おばちゃんの声 再生
発掘調査のようす
【訳:C
  私が、いつも(発掘してて)でてくれればいいなぁ、と思っているのが、矢尻(石鏃)です。土偶もかわいいんだけど、どこか割れているものしか出土しないので、楽しいとおもいません。矢じりで、特に黒曜石製のものだと、土から出てきた時、ぴかぴかと光っていて、本当にきれいですよ!


【津軽弁:D
  はっくづだば、まんず様々だものつかるはんで、びっくらすたね!ねご、スコップ、いしょぐだばまんだわがるばって、鍬だけんだジョレンだの、らいすかれーば盛るお玉、ステーキ食うナイフだの、焼き鳥さ刺す竹串だの、いっぱだだね。すかも、すらねなめえのものもよげで、なめえおべるだけでもかちゃくちゃねね!
おばちゃんの声 再生
【訳:D
  発掘では、本当に様々な道具を使うので、驚きました。ネコ(一輪車)、スコップ、移植ごてならまだわかるけど、鍬のような形をしたジョレンとか、カレーライスを盛りつけるときに使うお玉、ステーキを食べるときに使うナイフとか、焼き鳥に刺す竹串とか、大変なもんです。しかも、知らない名前の道具も多く、名前を覚えきるだけでも大変でいらいらするほどです。


 

copyright SANNAI MARUYAMA 2012 all right reserved.