円筒土器文化総合研究
 特別史跡三内丸山遺跡では、平成4年の発掘調査開始以来、縄文文化研究を先導し、幾多の重要な成果をあげてきました。調査開始から20周年をむかえる今年度は、平成14年の『青森県史 別編 三内丸山遺跡』刊行から10周年の節目にもあたります。同書では調査開始から10年を経た時点における、円筒土器文化研究の総括がなされていましたが、刊行後10年の間にも円筒土器出土遺跡は増加しており、改めて現状を把握する必要性が生じています。
 三内丸山遺跡保存活用推進室では、平成24・25年度の2か年計画で「円筒土器文化集落データベース」を作成することとしました。このデータベースには、平成14年以降に確認された遺跡も含め、円筒土器出土遺跡の内容を悉皆的に確認し、時期や出土遺物・遺構に関するデータがまとめられる予定です。

平成24年度の中間報告
 円筒土器文化の集落データベース作成による研究(平成24年度特別史跡三内丸山遺跡報告会資料)PDF

縄文時代前中期遺跡一覧(北海道南部)PDF

縄文時代前中期遺跡一覧(青森県)PDF

縄文時代前中期遺跡一覧(岩手県)PDF

縄文時代前中期遺跡一覧(秋田県)PDF

 

copyright SANNAI MARUYAMA 2012 all right reserved.