特別研究成果


平成10年度〜12年度の特別研究について
共同研究とは 三内丸山遺跡発掘調査委員会委員を研究代表者とし、自然、技術、社会の3分野について研究を委託するものである。
公募研究とは 全国から自然、技術、社会の3分野について研究テーマを公募し、三内丸山遺跡発掘調査委員会委員の審査により、研究費を補助するものである

10年度11年度12年度


平成10年度の研究成果概要
研究テーマ 研究者 実施年度
研究区分
三内丸山遺跡における人と自然の交渉史T
−遺跡の時空間的位置づけと生態的特徴の解明を中心として−
代表者 辻誠一郎
(国立歴史民俗博物館)
平成10年度
共同研究
(自然分野)
三内丸山人の資源利用モデルの構築 代表者 西本豊弘
(国立歴史民俗博物館)
平成10年度
共同研究
(技術分野)
土偶から見た社会 代表者 小山修三
(国立民族学博物館)
平成10年度
共同研究
(社会分野)
DNA分析によるウルシの起源 佐藤洋一郎(静岡大学) 平成10年度
公募研究
(自然分野)
縄文時代前・中期の煮炊用土器の作り分けと使い分け 小林正史
(北陸学院短期大学)
平成10年度
公募研究
(技術分野)
埋葬方法の類型とその配置から見た縄文社会 中村  大(国学院大学) 平成10年度
公募研究
(社会分野)

ページトップへ↑


平成11年度の研究成果概要
研究テーマ 研究者 実施年度
研究区分
三内丸山遺跡における人と自然の交渉史U
−遺跡の時空間的位置づけと生態的特徴の解明を中心として−
代表者 辻誠一郎
(国立歴史民俗博物館)
平成11年度
共同研究
(自然分野)
三内丸山人の資源利用モデルの構築2 代表者 西本豊弘
(国立歴史民俗博物館)
平成11年度
共同研究
(技術分野)
円筒土器文化の地域性 代表者 小山修三
(国立民族学博物館)
平成11年度
共同研究
(社会分野)
三内丸山遺跡から出土したクルミの遺伝子工学的研究 清川繁人(青森大学) 平成11年度
公募研究
(自然分野)
三内丸山遺跡の漆文化に関する実証的研究 永嶋正春
(国立歴史民俗博物館)
平成11年度
公募研究
(技術分野)
三内丸山遺跡出土の石製装身具の流通・交易経路の解明 川崎  保(長野県埋蔵文化財センター) 平成11年度
公募研究
(社会分野)

ページトップへ↑


平成12年度の研究成果概要
研究テーマ 研究者 実施年度
研究区分
三内丸山遺跡における人と自然の交渉史V
−遺跡の時空間的位置づけと生態的特徴の解明を中心として−
代表者 辻誠一郎
(国立歴史民俗博物館)
平成12年度
共同研究
(自然分野)
縄文時代のクリ林利用の技術史 代表者 鈴木三男
(東北大学)
平成12年度
共同研究
(技術分野)
三内丸山遺跡の遠近感 代表者 小山修三
(国立民族学博物館)
平成12年度
共同研究
(社会分野)
縄文時代のクリ材の年輪解析による高精度編年の試み 木村勝彦(福島大学) 平成12年度
公募研究
(自然分野)
三内丸山遺跡における色材料の使用状況に関する基礎的研究 赤沼英男
(岩手県立博物館)
平成12年度
公募研究
(技術分野)
縄文時代の道と記念墓列の研究 阿部義平
(国立歴史民俗博物館)
平成12年度
公募研究
(社会分野)

ページトップへ↑

その他の年度の研究成果概要について
平成10年度から行われている、特別研究推進事業の研究成果の概要について紹介します。

【平成13年度〜15年度の研究成果概要は、こちら】

【平成16年度の研究成果概要は、こちら】

【平成17年度の研究成果概要は、こちら】

【平成18年度の研究成果概要は、こちら】

【平成19年度の研究成果概要は、こちら】

【平成20年度の研究成果概要は、こちら】

なお、詳しい研究内容は「三内丸山遺跡 年報」に記載されています。

特別研究推進事業の募集について
【特別研究の募集要項は、こちら】

 

copyright SANNAI MARUYAMA 2012 all right reserved.