INFO
催し物Exhibitions

【展覧会】 夏期特別展「あおもり土偶展」

スケジュール

日付:2019年7月20日 ~ 2019年9月01日

会場:三内丸山遺跡センター

 

会期

2019年7月20日(土)~9月1日(日)

観覧時間

9:00~18:00

休館日

7月22日(月)・8月26日(月)

観覧料

一般1000円(800円)、高校生・大学生等500円(400円)、中学生以下無料

※( )は20名以上の団体料金

※特別展観覧料で遺跡を含む常設展もご覧いただけます。

主催

三内丸山遺跡センター

特別協力

国立文化財機構文化財活用センター、東京国立博物館

 

 

 縄文、土偶、片足立ちといえば、写真の遮光器土偶を想像されるのではないでしょうか。実物は東京国立博物館に所蔵されています。

 この日本一有名な遮光器土偶をはじめとした縄文土偶の展覧会「あおもり土偶展」を、青森県の三内丸山遺跡で720日から91日まで開催します。

 展示の見どころは、15年ぶりに里帰りする遮光器土偶と地元の土偶たち。北日本最古9千年前の土偶、国内最大級の岩偶(石で作った人形)、そして45㎝と日本一の高さを誇る国宝土偶「縄文の女神」(期間限定)など、北海道・東北の優品がにぎやかに集います。

 この夏休みは、里帰りするしゃこちゃんに会いに来ませんか?