INFO
三内丸山遺跡についてabout

三内丸山遺跡とは

 特別史跡三内丸山(さんないまるやま)遺跡は日本最大級の縄文集落跡です。発掘調査によって当時の自然環境や生活、ムラの様子などの解明が進められています。遺跡は通年で公開され、自由に見学することができます。

 

 

 三内丸山遺跡は、今から約5900年前~4200年前の縄文時代の集落跡で、長期間にわたって定住生活が営まれていました。

 平成4年からの発掘調査で、竪穴建物跡、大型竪穴建物跡、大人の墓、子どもの墓、盛土、掘立柱建物跡、大型掘立柱建物跡、貯蔵穴、粘土採掘坑、捨て場、道路跡などが見つかり、集落全体の様子や当時の自然環境などが具体的にわかりました。
また、膨大な量の縄文土器、石器、土偶、土・石の装身具、木器(掘り棒、袋状編み物、編布、漆器など)、骨角器、他の地域から運ばれたヒスイや黒曜石なども出土しています。

 ヒョウタン、ゴボウ、マメなどの栽培植物が出土し、DNA分析によりクリの栽培が明らかになるなど、数多くの発見が縄文文化のイメージを大きく変えました。
平成12年11月には国特別史跡に指定されました。

 

大型掘立柱建物跡

 地面に穴を掘り、柱を建てて造った建物跡です。柱穴は直径約2メートル、深さ約2メートル、間隔が4.2メートル、中に直径約1メートルのクリの木柱が入っていました。地下水が豊富なことと木柱の周囲と底を焦がしていたため、腐らないで残っていました。6本柱で長方形の大型高床建物と考えられます。

復元した大型掘立柱建物

発掘された大型掘立柱建物跡

 

盛土

 竪穴建物や大きな柱穴などを掘った時の残土、排土や灰、焼けた土、土器・石器などの生活廃棄物をすて、それが何度も繰り返されることによって周囲より高くなり、最終的には小山のようになりました。土砂が水平に堆積しているので、整地されていたと考えられます。中から大量の土器・石器の他に、土偶やヒスイ、小型土器などまつりに関係する遺物がたくさん出土しています。

南盛土の断面

南盛土から出土したヒスイの大珠(たいしゅ)

 

 谷はゴミ捨て場として使われていました。水分が多く空気から遮られていたので、土器・石器の他に、通常では残らない木製品や漆器、動物や魚の骨、うろこ、植物の種子、木の実、寄生虫卵などが良好な状態で残っていました。

出土した漆器

北の谷

 

竪穴建物跡

 縄文時代の住居は地面を掘り込んで床を造りました。中央には炉があります。住居の平面形や柱の配置、炉の位置や構造は時代によって変化が見られます。

復元した竪穴建物

発掘された竪穴建物跡

 

大型竪穴建物跡

 長さが10メートル以上のものを大型住居跡と呼びます。三内丸山遺跡では最大のもので長さ約32メートル、幅約10メートルのものが見つかっています。集落の中央付近から見つかることが多く、集会所、共同作業所、共同住宅などの説があります。

復元された大型竪穴建物

発掘された大型竪穴建物跡

 

掘立柱建物跡

 地面に柱穴を掘り、柱を建てて屋根を支えたものと考えられます。集落の中央、南盛り土西側などから密集して見つかりました。

復元された掘立柱建物

発掘された掘立柱建物跡

 

埋設土器

 子どもは亡くなると、丸い穴を開けたり、口や底を打ち欠いた土器の中に入れられ、住居の近くに埋葬されました。土器の中から握り拳大の丸い石が出土する場合が多く、当時の習慣に関係するものと考えられます。

発掘された埋設土器

発掘された埋設土器

 

土坑墓

 大人は、地面に掘られた円形や楕円形の穴に埋葬されました。大人の墓は集落東側の道路に沿って、両側に2列に配置されていました。

土坑墓

環状配石のある土坑墓

 

道路跡

 集落の中心から幅約12メートル、長さ420メートルにわたって、海に向かって延びています。道路は地面を少し掘り下げて、浅い溝のようになっているものや、さらに土を貼って「舗装」されているものもあります。最近の調査で、南北にのびる道路も見つかりました。

道路跡(くぼんでいるところが道跡)

 

粘土採掘坑

 土器を作る時の粘土を採掘した穴です。粒の細かい、粘土に近い火山灰を利用して土器を作っていたようです。

発掘された粘土採掘坑

 

貯蔵穴

 集落の外側、台地の縁近くにまとまって造られていました。入り口がせまく底が広い、断面がフラスコ状のものが多く、クリなどの木の実、食料がたくわえられたものと考えられます。中には深さが2メートル近くもある大型のものもあります。

発掘された貯蔵穴