INFO
三内丸山遺跡についてabout

特別研究

趣旨

 特別史跡三内丸山遺跡は、縄文時代前期中頃から中期末の大規模な集落跡であり、円筒土器文化の解明のみならず、縄文文化の研究においても欠くことのできない重要な遺跡です。青森県教育委員会ではこれまで、三内丸山遺跡の全体像の解明及び縄文文化に関する調査・研究を進めるため、各種分析や資料の蓄積等を行うとともに、特別研究として、関連する研究を行ってきました。

 

研究テーマ

①三内丸山遺跡に関する研究

②円筒土器文化に関する研究

③縄文遺跡の保存・公開・活用に関する研究

(例えば遺構や出土品の展示方法、体験学習などの普及・啓発・活用に関する研究)

 

特別研究概要一覧

 

平成29年度 平成28年度 平成27年度 その他の年度

 

平成29年度

研究テーマ

三内丸山遺跡の埋設土器に付加される人為的行為 -二次整形痕を中心に-

研究者

髙木 麻里帆 (埼玉大学大学院人文社会科学研究科)

研究成果概要

 三内丸山遺跡では、円筒上層式を中心に約890基の埋設土器遺構が検出されている。この墓の棺である土器は、もとは煮炊きや貯蔵などに日用的に使用されていたものである。日用的な土器から棺へと転用される際には、土器の選定や二次整形など、さまざまな人為が施されていると推測する。しかし、これまでの研究ではこうした転用の過程が明らかにされていない。そこで、埋設土器を観察し、土器に付された行為の具体的な方法や特徴などを検討した。
 対象とした資料は、遺跡内で埋設土器が集中する北盛土北側の、5つのグリッドから出土した埋設土器110基である。
 観察の結果、34 基に把手・口縁部・胴部の打ち欠きや底部の穿孔など、少なくとも4種類の二次整形を行った痕跡が確認された。その中でも、口縁部を打ち欠く方法が全体の62%と最も大きな割合を占める。また、各種類の整形が単独で施された埋設土器に加え、複数の種類を組み合わせて仕上げられた土器も存在することから、さらに多くの種類やバリエーションが予想される。
 本研究ではこうした二次整形を行う目的は、整形後の土器の形や容量の特徴から、土器の機能を目に見える形で変化させること、そして棺の基準に合った大きさ・形に整えることであると考える。

 

研究テーマ

円筒土器文化における集落の実態をさぐる -時期差・地域差・存続期間の比較研究-

研究者

三内丸山遺跡保存活用推進室

研究成果概要

 特別研究推進事業の共同研究として「円筒土器文化における集落の実態をさぐる」というテーマで、平成29年度から3か年で研究を行うこととした。

 土器型式ではない、竪穴建物跡、墓、貯蔵穴、石器、土偶、土製品、石製品などからも型式を見出し、異なる時間軸からの比較を試みる。土器型式に時間軸を頼ってきた考古学的時間を見直すだけではなく、土器とは時間幅の異なるものが存在することなどが整理され、物質文化の新たな比較検討の方向性を見出すことができる。
 このような方法論のもと、遺構や遺物の属性を詳細に比較することによって、円筒土器文化における集落の実態をさぐることを目的としている。

 時期差や地域差を表す属性を竪穴建物跡、土坑墓、貯蔵穴などで抽出し、地域ごとの変遷図を作成し、円筒土器文化圏における集落の特徴を比較検討する。あわせて、可能な限り遺物の変遷も示していく。

 3か年計画で、三内丸山遺跡周辺、青森平野、青森県、4道県と円筒土器文化圏で地域を広げて資料を整理していく。今年度は三内丸山遺跡周辺と青森平野を中心に竪穴建物跡の変遷図を作成し、建物型式の設定を試みた。縄文時代前期は岩渡小谷(4)、稲山遺跡、中期は三内丸山、三内沢部(1)、三内丸山(6)遺跡を対象とした。

 研究の成果として、竪穴建物跡の基本的な属性である、平面形、炉の種類、主柱穴の本数、特殊施設の有無で分類を行った結果、時期ごとや遺跡ごとの特徴が抽出できた。同時期の近接する集落でも、竪穴建物跡の特徴が属性ごとに異なることが整理された。

 例えば、上層d・e式期には、楕円形で面積が小さい定型的な建物跡が主体的であるが、三内丸山(6)遺跡ではそのタイプが少なく、さまざまな形態がみられる。集落の立地している場所には斜面地が多いため、地形にあわせた建物跡になっている可能性がある。

 三内沢部(1)遺跡では土器を使用した炉の割合が高い。

 上層e式期には特殊施設が設置される竪穴建物跡が多い集落(三内丸山遺跡、三内沢部(1)遺跡)とそうでないもの(三内丸山(6)遺跡)がある。

 これらは成果の一例で、集落ごとの特徴であるが、炉の種類、竪穴建物跡の面積、主柱穴の配置などの変化など、時期的な特徴も整理されている。

 

 

平成28年度

研究テーマ

縄文時代の木柱からみたクリ材の加工技術とクリの生育環境 ―三内丸山遺跡を中心に―

研究者

荒川 隆史 (公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団)

研究成果概要

 三内丸山遺跡における縄文時代のクリ材の加工技術とクリの生育環境を明らかにすることを目的として、出土クリ材の考古学的調査を行った。

 第26号大型掘立柱建物のピット2・3・5は丸太材で、底面に残る加工痕は求心的な方向とはなっておらず、伐採・分断後の平坦加工痕と考えられる。ピット4は丸太を半割し分割した偏ミカン割材である。底面の加工痕は木表側から求心方向と、心側から木表方向の2種類があり、それぞれ異なる磨製石斧が用いられる。前者は伐採痕ないし分断痕、後者は分割後に底面を平坦調整した加工痕と考えられる。本資料から大型掘立柱建物に分割材が利用されていたこと、接地面が柱の中心になるよう再調整が行われていたことが明らかになった。これらは縄文時代晩期の石川県チカモリ遺跡で認められる加工技術と共通し、中期に遡ることが分かった。

 このほか、第12号掘立柱建物をはじめとする木柱に大枝を含む枝痕跡を確認できた。柱根部分に枝があることから樹冠が長いクリであった可能性が高い。三内丸山遺跡のクリ林は成長速度が速いことを考え合わせると、通直の幹に成長する適度な立木密度で、果実の収穫量も確保できるものであったと推定される。

 

研究テーマ

三内丸山遺跡出土土器付着炭化物の炭素・窒素安定同位体比分析

研究者

三内丸山遺跡保存活用推進室

研究成果概要

 土器に付着した炭化物の炭素・窒素安定同位体比を分析し、三内丸山遺跡における縄文時代の食材などの煮沸対象物を推定するためのデータを収集している。平成27年度は時期、平成28年度は法量による比較・検討を目的として分析を行っている。

時期による比較からは、これまで前期と中期の試料を分析した結果を踏まえ、以下の傾向が指摘できる。前期の試料は多くがC3植物(註)の範囲にプロットされ、海棲哺乳類の範囲に入るものもある。中期の試料は、C3植物の範囲と海産魚類とC3植物の中間あたりにプロットされる。中期の試料でC3植物の範囲にプロットされたものは、前期のものと比べるとN値が大きい。

 今年度の分析の目的である法量による比較では、分析可能点数が多い前期中葉の円筒下層b式土器の4点を対象とした。口径・器高が分かるもの115点の相対的な法量を比較し、土器を抽出した。大型は口径25cm・器高40cm以上のもので1点、小型は口径15cm・器高20cm以下のもので1点、そのほかに中型として、口径15~25cm、器高20~40cmの間に入るが、口径・器高とも小さいもの1点、口径が大きいもの1点を選択し、分析を行った。前年度の試料もあわせた結果、大型はC3植物、小型は海棲哺乳類の範囲、中型は、C3植物と草食動物の範囲、C3植物と海産魚類の間にプロットされた。

 小型土器で得られた煮沸対象物が海棲哺乳類であるという結果からは、その使用法が海棲哺乳類の油を用いた灯明容器という推測もできるが、1点のみの分析であるため蓋然性はない。このような仮説も含めて、今後、時期や法量による違いを検討するためにはさらに点数を増やして分析を行う必要がある。

 

 植物は光合成の方法によってC3植物、C4植物、CAM植物に分けられる。このうち、C4植物は熱帯・亜熱帯植物(トウモロコシ、サトウキビ、アワなど)、CAM植物は乾燥地帯の多肉植物(サボテン、ベンケイソウなど)が多く分類される。C3植物は上記2つを除く、コムギ、ダイズ、イネなどの多くの植物が分類される。

 

研究テーマ

三内丸山遺跡出土木材の酸素同位体分析

研究者

中塚武(総合地球環境学研究所)

佐野雅規(総合地球環境学研究所)

木村勝彦(福島大学)

小林謙一(中央大学)

箱崎真隆 (国立歴史民俗博物館)

研究成果概要

 有機物の酸素同位体比の測定技術が発展し、木材年輪に含まれるセルロースの酸素同位体比が、年輪幅だけでされていた年輪年代法の新しい指標として利用できるようになった。今回、縄文時代中期の第11496号ピット出土木材(木柱)および、縄文時代前期の北の谷出土木材37点の木材を分析した。現時点では東北地域の酸素同位体マスター・クロノロジーが完成しておらず、年代決定には至っていないが、2組の年輪試料がマッチングし、伐採年が同一である材も摘出でき、縄文前期の木材利用の一端を探ることができた。

 同時に、酸素同位体分析の参考とするべく、三内丸山遺跡および比較対象とする他遺跡の土器付着物・炭化材21点をAMS炭素14年代測定した。その結果、三内丸山遺跡の実年代は、紀元前4000cal BC年頃から2400cal BC年頃までで、東日本の各地域の実年代と対比させると、縄文前期前葉から後期初頭の年代であると確認できた。

 将来、過去3400年間にわたる日本最長のクロノロジーが構築できよう。東北日本各地の古材採集および酸素同位体比データ獲得を継続し、三内丸山遺跡出土木材の1年精度の年代決定を目指したい。

 

 

年報

年報 21

 

 

 

平成27年度
個人研究

研究テーマ

北陸系石材の三内丸山遺跡への波及の研究

研究者

中村 由克(明治大学黒耀石研究センター)

研究成果概要

 三内丸山遺跡の報告書No24~41に記載された磨製石斧のすべての石材鑑定をおこなった。その結果、これまで明らかになっていたように、北海道系が日高産の緑色岩(アオトラ石)59.5%、神居古潭産の青色片岩等10.5%で計70.0%を占める。在地的な東北系は粗粒玄武岩、花こう閃緑岩、閃緑岩などがあり、計24.1%であった。さらに、新潟・富山県境産の透閃石岩1点(0.53%)が確認された。石製品は主だった資料の鑑定で、ヒスイ、透閃石岩、滑石、および霰石ないし方解石などの複数の北陸産石材が含まれることが確認された。

 かって蛇紋岩と言われた透閃石岩や滑石は、実体顕微鏡や比重・磁性などの調査から、正確な石材鑑定ができ、さらに色調、透明感などの岩質の違いによって北陸産と岩手県産の石材の判別が可能になり、原産地推定ができるようになった。磨製石斧は、主として製品として搬入されたと思われるが、石製品の多くはヒスイの破片が多く含まれるように素材の状態で搬入されたと推定される。

 

 

研究テーマ

三内丸山遺跡出土土器付着炭化物の炭素・窒素安定同位体比分析

研究者

三内丸山遺跡保存活用推進室

研究成果概要

 炭素・窒素安定同位体比分析とは、人骨から抽出したコラーゲンや土器に付着した炭化物の炭素・窒素安定同位体比を用いる分析であり、当時の食性が復元できるものである。人骨の同位体比が10年程度の平均的な食の傾向を示すのに対し、土器付着炭化物は土器によって調理された食材の傾向を示す。

 今回、特別研究として、三内丸山遺跡から出土した土器付着炭化物の炭素・窒素安定同位体比分析を行った。対象試料は、三内丸山遺跡集落の開始期である縄文時代前期中葉と縮小期である縄文時代中期後葉~末葉の試料を中心に12点の分析を実施した。西本豊弘らによる研究成果(西本2009)において、炭素同位体比・窒素同位体比・炭素/窒素比が公表されているデータを併せると、以下の結果が得られた。

 前期の試料は相対的にC3植物(註1)・草食動物の範囲にプロットされたものが多く、中期の試料は相対的にC3植物・草食動物と海産物類の中間あたりにプロットされたものが多いという結果を得られた。分析点数が少ないため、傾向とは呼ぶには至らないが、分析結果には違いが確認された。

 また、炭素/窒素比が30以上の値を示し、デンプン(炭水化物)を主成分とした食料素材に由来する可能性があるものは、前期の試料3点だったため、今後分析を行う上での検討課題としたい。

 今後さらに三内丸山遺跡出土土器付着炭化物に関するデータ(付着位置・付着量・付着土器の型式等)を集め、分析を行っていく必要がある。併せて、肉眼観察による炭化物の類型化(色調・形状等)を行い、既知の実験データ(西田2006など)等と照合することで、より詳細に土器付着炭化物の由来を検討できる可能性もある。

註1:C3植物…イネ・クリ・クルミなどの植物。対してC4植物はトウモロコシ・アワ・ヒエなどのイネ科植物など。

参考文献 

西田泰民 2006 「炭化物の生成実験」『新潟県立歴史博物館研究紀要』第7号 新潟県立歴史博物館
西本豊弘 2009 『弥生農耕の起源と東アジア-炭素年代測定による高精度編年体系の構築-』平成16~20年度 文部科学省・科学研究費補助金 学術創世研究費 研究成果報告書(課題番号16GS0118)

 

共同研究

研究テーマ

三内丸山遺跡の集落遺跡の復原と図像化

研究者

辻 誠一郎(東京大学大学院)

研究成果概要

 共同研究は空間情報学、芸術、地質学、古生態学、植物学、年代測定学、考古学の9名の協力によって遂行されました。共同研究の第一の目的は、三内丸山ムラに集住したか集合した人々の生活にかかわる機能的な空間としての集落生態系を縄文前期最盛期および縄文中期最盛期に着目して歴史景観生態学から復原することです。

 第二の目的は、復原された集落生態系を空間情報科学と芸術から画像や絵画として具体的に図像化することです。三内丸山ムラでもっとも大きな土地造成・改変が行われた三つの盛土場について形成プロセスと目的を検討した結果、盛土はすぐ周辺から土取りが行われ、盛られたあとクリ材を主体とした木炭群を混ぜ込み、その後平坦にならされて次第に盛り上げられたものと考えられました。この過程で送りが行われたと考えられ、盛土場は送りの場であることを裏付けました。

 集落生態系の復元の結果、縄文前期・中期ともに三内丸山ムラの主要部は、居住域や墓域などの諸施設の周囲の大半はクリ林であり、外側の台地から山地ではクリを主体とする二次林、ブナ・ミズナラ林へと連続することが推定されました。平野側の低地にはハンノキ・ヤチダモ林やヤナギ林が鬱蒼とした森林をつくっていたと考えられました。

 なお、ムラの主要部ではクリ林に加えて、部分的にウルシ林(畑)の存在が確認できました。また、縄文中期になると低地から台地にかけての谷底と斜面にはトチノキが拡大し、人によって保護されるとともに、資源として利用されていたことが示されました。集落生態系の図像化では、ドローンによって得た画像をベースに3Dモデルのビデオ動画および静止画として復原する試みをしました。これをベースにして生活風景としての景観を絵画として描く試みをしました。

 

 

 

年報

年報 20

 

 

 

その他の年度の研究成果概要について

 

研究成果概要年報
平成26年度 研究成果概要 年報 19
平成25年度 研究成果概要 年報 18
平成24年度 研究成果概要 年報 17
平成23年度 研究成果概要 年報 16
平成22年度 研究成果概要 年報 15
平成21年度 研究成果概要 年報 14
平成20年度 研究成果概要 年報 13
平成19年度 研究成果概要 年報 12
平成18年度 研究成果概要 年報 11
平成17年度 研究成果概要 年報 10
平成16年度 研究成果概要 年報 9
平成15年度 研究成果概要 年報 8
平成14年度 研究成果概要 年報 7
平成13年度 研究成果概要 年報 6
平成12年度 研究成果概要 年報 5
平成11年度 研究成果概要 年報 4
平成10年度 研究成果概要 年報 3