INFO
三内丸山遺跡についてabout

重要文化財

 今回指定された遺物は平成4・5年に調査した第六鉄塔地点と、平成4~6年に調査した旧野球場建設予定地の竪穴住居跡から出土したものです。

 第六鉄塔地点は低湿地だったため、土器・石器(円筒下層a式・b式期のものが中心)に加え、台地上では残りにくい有機質の遺物が多数出土しました。 骨角器は保存状態が良く、針の数が多いのが特徴です。編籠(縄文ポシェット)は縄文時代の製作技法を具体的に明らかにする資料です。

 竪穴住居跡の出土品は縄文時代前期中葉~中期末葉の土器・石器が中心です。

 

 指定されてから約15年が経過し、指定品のなかには、経年劣化が進み、修理や補強が必要になってきたものが少なくありません。

 このような出土品を、今後も適切に収蔵・保管し、活用できるようにするため、毎年、専門業者にお願いして修理しています。

【重要文化財の修理事業についてはこちら(重文修理事業へリンク】

 

※出土品の一部がご覧いただけます。

 

青森県三内丸山遺跡出土品

第6鉄塔地区出土

土器・土製品 185点 石器・石製品 911点 骨角牙貝製品 406点 木製品 2点 編物 4点

小計 1,508点

住居跡出土

土器・土製品203点 石器・石製品 247点

小計 450点

 

土器・土製品

深鉢形土器 369点 浅鉢形土器 7点 壺形土器 1点 土偶 11点
画像を見る

骨角牙貝製品

針 133点 錘 22点 刺突具 85点 釣針 24点 銛頭 2点
箆 4点 ナイフ形牙製品 4点 ハンマー 1点 装身具 27点 針入れ 3点
骨刀残欠 3点 未製品等 101点
画像を見る

 

石器・石製品

石鏃 134点 石槍 45点 石匙 530点 石錐 83点 石箆 17点
削器 101点 製石斧 13点 敲磨器類 13点 石錘 2点 石皿・台石類 10点
砥石 15点 擦切具 8点 半円状扁平打製石器 14点 抉入扁平磨製石器 1点 石棒 6点
石冠 1点 異形石器 22点 装飾品 6点
画像を見る

 

木製品

皿残欠 1点 鉢残欠 1点
画像を見る

 

編物

編籠 1点 編物残欠 1点
画像を見る